Message from the natural world

天使の羽根



2003年、知人の息子さん(15歳)が急性白血病とわかり、入院先の病院へ治療で出かけた時、駐車場で見あげた空に大きな羽根の雲を見つけました。1Km以上も広がっている大きな羽根を見ていると、「希望」というメッセージが心に浮かびました。しかし、現実はまもなく15歳の死が待ち受けていたのです。息を引き取った15歳の少年の魂は、すぐに父親の守護神となり、肉体を持ってできる事が全てではないことを教えてくれました。自然界はいつもこうして大切なメッセージを届けてくれます。

札幌市北海道大学病院の駐車場から見上げた羽根を4枚の写真で撮影しました  2003.6.25撮影

天使と龍

天使の羽根の右側に飛んでいる龍の意味は、この時はまだわかりませんでしたが、大きな龍が何かの「希望と導き」であることは感じました。翌2004年、沖縄 伊良部島で白龍の雲を見た時に神人からメッセージを伝えられたおかげで龍の意味がわかりました。龍は常に、自然界(火・水・風・大地)を司る神として、私たち人間を見守ってくれています。龍は、大切な人の「始まり」の導きをしてくれる神なのです。

白龍の神導き


2004年1月、沖縄県宮古島市にある伊良部島を回っている時に、白龍の雲が目の前で上がり、すぐに、メッセージが降りて、「白い龍は白龍であり、天龍である」と言われました。

この時に写した写真を宮古島の知人へ御礼の絵葉書にして送った事から、伊良部島の人から手紙が届き、まったく想像していなかった出会いと神導きが始りました。

地元の人たちに御先祖の言葉や神様の神言葉を伝える神人(カミンチュ)という職業の女性からは、土地の為に自分ができないことがあるので、助けて欲しいと頼まれました。

神と人の願いを聞き届ける為に全国を動くようになったすべてのキッカケが、白龍です。

LinkIcon当時の体験を本にしましたので、興味がある方はこちらからお申し込み下さい。